4月の末「GW開始ギリギリ)に、
以前乗っていたDS4の新型が日本で発表された。

海外で発表された時から
YouTubeにかじりついてたので動じなかったけど
(事前に情報も知ってたのもあり)
先日に伊勢丹で発表展示会があり、そこは
試乗も出来たので飛びつくように参加。

DS4 E-TENSE

伊勢丹の前に展示してあるDS4は、
先代と比べるとかなり低くワイドな印象。
そして先代が少し太り気味に見えるくらい削ぎ落とされたような、
かなりシャープなディテールになってる。
わかりやすくカッコいいデザイン。
特にサイドビューの前〜後ろに繋がるエッジラインが美しい。

並ぶ試乗車。白もいいな…
試乗車はオールブラックでシブい!
シンプルで綺麗なコックピット!
手元のインターフェイス、使いやすいのかな?

今回、試乗は1人のみだったので、
冷静に見てくれる嫁さまにお願いしたのだけど、
助手席からでも分かる進化。

まずはなんと言っても静か。
DS3クロスバックより数段上質になってる。
流石に加速時にはディーゼル音がするけどあとは静か。

買うならPHEVかと思ってたけど、
最後の内燃機関としてディーゼルもいいな。
ちなみにエンジン音より空調の方が聞こえます。

これはすごいなぁ。
ちなみにこのシート空調は温冷対応で、
オールシーズン快適なのが羨ましい…!

唯一残念なのはインテリアのダッシュボード。


限定車はレザーで構成されてるので
上質で綺麗で最高だったのだけど、
日本のRivoli仕様はテップレザー(フェイクレザー)で鱗のような仕上げ。
なんか上質感に欠けるなぁ…

とまぁ結論としては、
今のコンパクトハッチ界では比べるもののない上質さが魅力で、
何気にすごい欲しい気持ちが高まっている。

あとはなー、色がなー。。
限定色のグリラケ(ラッカードグレイ)が標準色だったらなぁ…
(海外では標準色。何故?)

横浜でも遭遇
リアもかっこいい!ホイールも好み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください