家を買う。その1

突然なんですが、家を買いました。

 

こんな書き方だと、またお前は思いつきで買ってしまったか?!とか言われそうですがそんな事ないですよー。

思い付きで買える代物ではないですし・笑

 

きっかけは今の住処と、これからの住まい方を考えた事。

 

僕は家で過ごす時間が好きなのでずっと家の事を、考えてるのですが、

(建物探訪と住人十色は毎週見てる!)40近くになるとその時間が長くなってきました。

 

 

1つ目の今の住処の事。

住んでる(た?)物件は、会社の異動時に斡旋してもらった物件で、中身は打ち放しとガラスブロックの佇まいで、

少し古いけどそこそこオシャレ感のある部屋。

ワンルームだけど一部高低差があったり、リビング部が天井が高くて広かったりと、

普通の物件にない個性的な面が気に入ってました。

 

そして会社からも少し補助が出てたので、経済的にはかなり助かってました。

なので当初は補助が切れるまで今のままでいいかな〜と本気で思ってました。

 

でも斡旋の物件って何だか仮住まい感が強い。それ故か何だか愛着が湧かないのですよね。

そんな仮住まい歴をこのまま伸ばしてもいいのか。そしてそんな補助も何年後かには切れる。

その時に慌てて探して納得しないまま決めて、結果後悔した所に永く住むのは嫌だなー、、

などの気持ちがフツフツと湧いてきまして。

 

 

それからもう1つはこれからの過ごし方。

これからの過ごし方を考える中で、自分が家に求めるものは何だ?と考えると、

住まいは「心と身体が落ち着ける場所」というのが僕の家の在り方です。

 

出かけるのも好きだけど、それよりも実は陽だまりの椅子に座ってボーッと音楽聴きながら、

外眺めてるのが一番心地よかったりします。

今の空間はそういう観点で見ても落ち着けない。

よし、じゃあそんな空間を探そうか!

 

と決めてからがまた大変…。

続く。

家を買う。その1” への2件のフィードバック

    1. tsukadactionさん
      ちょっと待ってくださいね。書きたいことはたくさんあるんですが、まだ整理が出来てなくて…(^_^;)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください