少し間があいたけどベトナムコーヒーの事を。

ベトナムのコーヒーは多種多様で、
もちろんベトナムコーヒー専門店もあるけど、
サードウェーブ系のシングルオリジンもあったり、
アレンジもあったりとかなり個性的。


今回書いてるお店は味はやや飲みやすい系で、
多様な種類がラインナップしてあるカフェ。
特に雰囲気が個人的に気に入ったお店。

「Cộng Cafe」で「コン カフェ」と読む。

本場では「コァンカッフェ」っていう感じ。
いや、知らないけど(笑)



コンカフェはハノイ発症のカフェで、
ビンテージ感ある昔のベトナムをイメージした店舗。

チェーン店だけど特有の安っぽさはなく、
特にハノイの聖堂近くにある店舗が最高。
座席は3階窓辺にしたけど、もう最高にいい雰囲気。

コンカフェの店舗は、実はハノイに限らず
ホーチミンにも店舗が拡大されていた。
それくらいベトナム市民に親しまれているよう。

窓は開放的にフルオープン
大聖堂が木々の間から見えて良い感じ


飲み物はココナッツコーヒーとベトナムコーヒーを。

ロブスタ種は缶コーヒー以外では初めて飲んだけど、
思ったよりもダメじゃない。
むしろアラビカ種よりも個性的で面白いかも。

この感覚が新鮮で、実は帰国してから
色々とロブスタ種を物色していた。
(その話はまたいつか)


ベトナムのコーヒー豆は香りが独特で、
多分バニラなんかのフレーバーをつけてる感じ。
これは少し好みが分かれそう。

いわゆるフレーバーコーヒーなんだけど、
何で香り付けしてるのだろう。

昔の質の悪い豆をごまかすとかそんななのか、
それがこの甘くて濃いコーヒーに合うからなのか、
真相は分からずじまい。

うーむ。

こちらはホーチミンにあるコンカフェ
二階のカフェスペースに向かうアプローチ
アイスも美味しかった…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください