そろそろ(とっくに?笑)老いてきた相棒5D2

 

Canon EOS5D MarkII(以下5D2)を使い始めて、もうすぐ10年になろうとする今日この頃。

10年経ったしそろそろ5D4欲しいな…とか、妄想してたそんな時に発表されたソニーのα7IIIですよ。

 

 

あれ?なんかかっこいい(笑)

スペックは上位機種のα9とα7RIIIの間のような感じで、これホントにスタンダード機!?というくらいのスペック。

秒間10コマとか常用感度51200とかAFエリアもほぼ全てとか、このミドルクラスでこのスペックは凄い!

α7シリーズに言えることだけどフルサイズなのに軽いのもポイント高い。おじちゃんにはもうEOS5D2重いのよね。

α7IIよりは重くなってるけど、ボディ内手ぶれ補正入ってて一眼レフより全然軽いのだからなーすごい。

 

ソニーは初代α7が出た時にすごいワクワクしながら触りにいって、作りは良いけど大事な所があまりのコンデジ感にガッカリ。。

それから全く興味が出ずノーマークだったのだよね。(会社で一度借りたけど、その時はEVFの良さに気づいたんだった!)

今回は期待大だなーと、ちょうど開催されてたCP+に行ってレッツハンズオン!

 

 

結論から言えば、この感じはもう次期相棒に決定(笑)

シャッターの感覚もようやく脱コンデジ。かなりシャッキリした切れ味あるフィーリング。

グリップも前はスタイル重視すぎて(薄くて綺麗だけど…)持ちにくすぎたんだけど、そこが今回大きく改善!(IIからこれだっけ?それくらい最初のガッカリが酷かったのだなー笑)

各種ボタンの質感やレイアウトもやっと脱コンデジ(笑)フニャってないし、あるべきところに必要なものがある!

 

という感じでデザインや機能性、細部の作り込み含めてこれはもう全く別物になってるなーという印象。

 

 

これなら欲しいなーと、マップカメラさんに予約行った時、出会ってしまったのがやつでした。。

(大した事は書いてないけど長くなってきたので、つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください