蔵前にあるチョコレートのお店、ダンデライオンに行ってきました。

ダンデライオンはサンフランシスコ初のお店で、この蔵前が日本1店舗目(みたい。2年前からあるのねー)

 

最近カカオ豆の加工〜板チョコになるまでの全行程を一貫してやってしまう、

いわゆる「Bean to bar」チョコショップが増えてきたのだけれど、ダンデライオンもその1つ。(むしろ牽引役!)

 

最近のチョコは産地や含有比率の違いで味の余韻やフレーバー表現など、

まるでサードウェーブ系コーヒーやワインのような作り込み。

焙煎は…なるほどコーヒーの焙煎機を改造してるのかー。(コーヒーよりも低温焙煎なんだって)

 

 

お店もオシャレだし雰囲気もいいけど、この日はカフェには寄らず板チョコだけ買って帰宅。

売っている板チョコはパッケージも含めて素敵です。

衣料工場でリサイクルされたコットンペーパーに、手作業でシルク印刷しているとか。

銀紙(で良いのかな?)などの包装も全部手作業。

 

いいなー。こういうのしたいなー。

 

買ったのはエクアドル80%とSOKLETのインド70%。

どちらもとても美味しいです。(特にインドが個性的)

 

話が逸れるけど、チョコに限らず最近今までこれが「○○」と決めつけていた価値観の固定化が進んでて、

それってなんだか危険で、もう少し客観的にものを見つめなおすのが大事だなーと改めて思います。

いろんな価値が埋もれてしまっている。。

自分が出来る事ももう一回観直したい!

 

そして今度はカフェ目的で行きたい(笑)

(ミッションホットチョコレート飲みたい!)

Dandelion Chocolate 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください