少し前になるけど、先日ホンダウェルカムプラザ青山に、話題のHonda eを見てきまた。

周りには興味津々のおじさん方(女性皆無・笑)


初代シティを思わせるデザインがかわいい。
外観の面構成もとてもプレーンで、今までの車にはないデザイン。

でもプレーンすぎて少しぼってりした印象もある。
Cピラーが太いのも一因かも。

ミラーが小さいのはいいね!

気になったのはボンネットの充電端子カバー。
EV表現のために強調したかったのかもだけど、プレーンな外観の印象からすると少しノイズ感。


インテリアもかなり面白い。

よく聞く言葉だけど、今風のリビングのような設えが出来てる。多用されているウッドパネルの質感も色も、車に使われがちな光沢のおっさんぽさがないのがいい。

ファブリックの色や質感も上々で、今までの車にない世界観がキッチリ出てる。

でもダッシュボードのワイドな液晶がノイズに見える。こんなに大きいのいるかな?
映し出されるコンテンツも未消化な印象。

ここまで新しい世界観出すのなら、ダッシュボード上は必要最低限の表示以外何もない感じの方がよくないかな?

あと肝のデジタルミラー?、見やすいけど解像度は荒いのが残念。でもこれから増えてくるのだろう。

と色々書いたけど、全方位で挑戦的なHonda eは、
今までの車にない魅力がたくさんで車の興味ない人なんかも「おっ!」と気になる事間違いない。

でもこのデザインを、まだ敷居が高いEVで商品化した事にどれだけの人が購入に至るのか、難易度が高いけど興味津々に見ております。

がんばれホンダ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください