上海モーターショー2

上海モーターショー、すんごいボリュームでした。

広大な展示スペースが2段になっていて、

見ても見ても終わらない感じ。

果てしなく歩いた3日間でした。疲れた…

D

まるで一階のような上階層。広すぎませんか?

D

上海MSのトレンドは「電化」と「IoT」でしょうか。

ほぼ全てのメーカーがEV展示をしてます。

何年か前からそうだけど現実味のある提案が多い印象。

それもそのはずで、中国の電化の速さは凄いみたい。

街中を走ってるスクーターなんかほぼEV。

音もなくスーッと来るので怖いくらい(笑)

D

それ以外に今回のMSで感じた事は、

メーカー淘汰とショー表現の変革期にきてるという事。

D

淘汰に関しては各メーカーを見比べても、

ほとんど差がない無個性なクルマが並んでいて、

選ぶ指標が持てない(それくらい中国にカーメーカーが多い)

全体にレベルが上がった事で、よりそう見える印象。

D

中国で最も勢いのあるNIO。デザインもカッコいい

D

その中でNIOやWEYなんかは、

それぞれの方向性を打ち出していてわかりやすい。

デザイン的にも欧州と遜色ない。。

やはりこういうメーカーが生き残るんだろうなーと。

D

今回のパクリオブザイヤー(笑)でも何か纏まってる

D

それから今まで成長一辺倒だった中国において、

多様なライフスタイルを提案してるメーカーが数社。

「俺は良いものを作ってるよ」って見せ方よりも

「こういう生活どう?」と人に寄添う見せ方のほうが、

より響くなーと感じました。

前述の中国二社もそんな展示をしてます。

D

これって日本でも同じなんですけどね。

クルマの単体展示よりもそれを取り巻く、

ライフスタイル展示をしてほしいなーと思いました。

D

少しボルボのXC40ぽいけどかっこいいなー
ルノーEZ-Ultimo タイミング良く座らせてもらえた!とにかく上質!

D

ま、やってるけど、キャンプとかスポーツとか、

まだまだ狭い感じなんよね。

全然違うジャンルとの組み合わせや、

中国みたくIoT訴求や、とにかくテクノロジー!とか、

メーカーの枠を超えた感じでやっても面白いのかも!

D

まだまだ可能性もあると思うのです!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください